沿革

2021日本への進出丹波貿易株式会社が日本における総代理店として事業を展開
2020ロボット開発に特化したJiangsu Feisha Machinery Technology Co.、Ltd.を設立産業化に向けた研究開発を推進
2017通信技術の強化と新規分野への参入製造工程の自動化、スマートシティ産業への参入
2016製品の導入が始まる自動車や液晶パネル、リチウム電池などの製造会社へ導入が始まる。
主な顧客はジャガー・ランドローバー、VOLVO、神龍汽車、ベンツ、ZFフリードリヒスハーフェンなどの自動車関連、CATL(リチウム電池世界大手)、BOE(液晶パネル供給トップ)、スマートフォン最大手メーカーのサプライヤーなど。
2016AMRプロジェクトチーム発足開発チームは機械工学、電気、設計、ソフトウェア開発、デザインなどで構成されたAMRチームを発足。
2015創業中国昆山高新地区サイエンスアンドテクノロジーパークにて会社設立。製造の自動化設備や物流の自動化を研究開発。設計、販売を開始する。